超初心者のシリウスからワードプレスへのお引越し完了

シェアする

前回このページで書いていました、シリウスからワードプレスへの引越し作業がようやく終わりました!

いやー、長かったです。。。

私の場合はまだ記事数も全然大したことない数だったんですけど、それでもほぼ2日かかりました。htmlとかそこらへんの知識を持っている人ならきっと「さっ!」ともっと早く終わらせることが出来るんでしょうけど。。。

ホームページの作成は今までSIRIUSに頼りっきりだったので、ワードプレスの初期設定やらなんやらで悪戦苦闘してましたw

これはただ私がやり方を知らないだけかもしれませんが。。。

シリウスは行間での空白部分が微妙に気に入らなかったんですよね。改行しないで2行になったとき、くっつきすぎてるというかなんというかこの微妙な気持ち。

繰り返しますけど、ただ単純に私が設定のやり方を知らないだけかもしれません。。。

その点ワードプレスは、有料や無料やらでテンプレートがたくさんありますので、自分の好みのテンプレートを入れれば、ある程度は自分好みのサイトを作ることが出来るみたいです。

完全な自分好みにしようと思ったら、かなり勉強して設定を弄らないとだめみたいですけど。。。

んで、シリウスからインポートしてきた記事を修正してたわけなんですけど、今まで使っていた画像はもちろんインポートされてないわけです。

そこで、画像を一つ一つこっちに移動してきて、貼りなおして・・・という単純作業ですね。あとは行間がインポートされた記事はシリウスのまんまなだったので、1記事ずつ微修正をしていって、という。。

ものすごく疲れました。。。

しかし私の場合は50記事にも満たない段階でお引越しを決意したので、まだよかったほう(?)ですかね。。。

スポンサーリンク

SIRIUSからWordPressへのお引越しで忘れちゃいけないサイトマップ作成

引越しが終わって一段落・・・と思って、ゆっくりしていると、そう、サイトマップを忘れていたことに気付きました!

みなさん恐らく「Search Console」を使っていると思います。

そこで使っているsitemapは恐らくSIRIUSで自動作成されたsitemapではないでしょうか?

SIRIUSで自動作成されたsitemapはSIRIUSで作ったサイトのみです。

ということはWordPressのほうでsitemapを作ってあげなくちゃいけません。

WordPressでのsitemap作成の詳細は「バズ部」さんのホームページでも詳しく書かれていますが、ここでも簡単に紹介したいと思います。

実はすぐ作れるサイトマップ

まず「Search Console」で使うsitemapはxml形式ですので、xml形式のsitemapを作成してくれるプラグインを探します。

プラグインの新規追加から「Google XML Sitemaps」を探してインストールしてきます。

すると、設定の項目に「XML-Sitemap」という項目が出来るのでそこを選択します。

そして色々設定項目があるので、設定をおこない、一番下のほうにある「設定を更新」をクリック。これだけでsitemap.xmlの作成は完了です。あとは「Search Console」で新しく出来たサイトマップを登録してあげましょう。

考察

サイトのお引越し、想像以上に大変でした。。。

しかし、WordPressはインターネットに接続できる環境さえあれば、どのパソコンからでも記事の作成が可能なのは便利です!

サイトの外観とか色々設定できるのも楽しいですしね!(最初のうちだけかもしれませんが。。。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. KooL より:

    こんにちは。
    シリウスからワードプレスへの移行を行いたいと思い参考にさせて頂きました。
    四苦八苦しながらもやっとできたと思い、半日くらい経ってワードプレスの管理画面でサイトを確認するとシリウスで作成した画面になってしまいます。

    初心者なのでどこでどう間違えたのかも分かりません。
    可能性として考えられることがあればお教え頂けないでしょうか?
    宜しくお願い致します。