東名高速道路の事件、石橋和歩はこんな軽い刑で済んでいいわけがない

その他

2017年6月に東名高速道路で追い越し車線に割り込み走行中の車を停止させたところに、トラックが突っ込み、ワゴン車に乗っていた夫婦2人が死亡した事故・・・というか事件ですね。

東名高速事件 石橋和歩容疑者

事件がおきたのは2017年6月6日21時35分頃、東名高速 秦野中井~大井松田間下り車線です。

亡くなられたのは、静岡市の萩山嘉久さん(当時45歳)と妻の友香さん(当時39歳)。一緒に車に乗っていた娘さん達も負傷されたそうです。萩山さんと石橋和歩容疑者(25歳)は事件がおきる直前にパーキングエリアでトラブルになり、石橋容疑者が萩山さんの車を追いかけて高速道路の追い越し車線に無理やり停止させた模様です。そしてトラックが追突し萩山さん夫婦2人が死亡、娘2人が軽傷を負ったとのことです。


事件を起こした石橋容疑者

過失運転致死傷罪

夫婦2人が死亡したこの事件、石橋和歩容疑者がどんな罪に問われるのかというと・・・

なんと「過失運転致死傷罪」

事件の内容を見てみる限り、どうみても高速道路を使った殺人事件に見えませんけど・・・

では過失運転致死傷罪とは一体どんな罪なのでしょうか?

過失運転致死傷罪

自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた場合。

7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

引用:wikipedia

この過失運転致死傷罪というのは要するにただの交通事故

無免許の場合は10年以下の懲役になるみたいですけど、石橋容疑者は免許は持っているということですので上記の引用枠の罪にしか問えないみたいです。

 

もっと罪の重い刑にさせることはできないの?

 

過失運転致死傷罪の上に危険運転致死傷罪というものがあります。

危険運転致死傷罪

飲酒運転、超過速度など

15年以下の懲役

引用:wikipedia

殺人事件にしか見えないこの事件、最大の15年でも正直刑が軽すぎる気がしますけど、飲酒運転や超過速度を犯してるわけではないので危険運転ではないみたいです。

高速道路で追い越し車線に割り込んできて車を停止させるとかどう考えても危険運転以外のなにものでもないような気がしますけどね・・・

プロの当たり屋 石橋

「直撃LIVEグッディ!」で

番組スタッフが石橋容疑者の知人に電話取材をしました。

その知人によると石橋容疑者は普段から運転が荒く、前方の車が遅かったりすると、無理やり追い越し今回の事件のように車を停車させることもあったとか・・・。

そして更にこの知人は「彼は当たり屋とかもしていたんですよね」と話す。わざと走行中の車にぶつかり、相手に金銭を要求していたとか。

また車の運転が荒いことから、年に2回ほど事故を起こしていていたとのこと。

 

年に2回ほども事故を起こしていたのなら多分保険会社からもブラックリストだったでしょうね。

普段からこういった人が死んでもおかしくない様な危険運転を繰り返していて、今回とうとうこういった事件なってしまったということなんでしょう・・・

後ろから追突したトラック運転手も罪に

この凄惨な事件を引き起こした石橋容疑者よりも重い罪になる可能性があるのが、停止していたワゴン車の後ろに突っ込んだトラックの運転手。

参考:Googleストリートビュー

東名高速 秦野中井~大井松田間ということはこの辺りでしょうか。

事件がおきたのが21時35分頃ということで、外灯はいくつかあるみたいですけど既に真っ暗のはず。

萩山さん一家が乗っていた車はハザードランプを付けていなかったということでトラック運転手もまさか車が止まっているとは思わなかったのかも。

もしハザードランプ付けていたのならもしかしたら違う結果になっていたのかもしれません。。。

最後に

ニュース記事はあまり書かないようにしてたんですけど・・・

今回のあまりにも酷い凄惨な事件を引き起こした石橋容疑者。

しかし適用されるのは過失運転致死傷罪。「7以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金」ということはお金さえ払っちゃえばすぐにこのキ○○イがまた普通に生活を始めてしまうわけです。

ヒトが2人も死んでるのにです・・・

この事件で免許は没収されるにしてもまた普通に暮らし始めて「当たり屋」みたいなことをすると思うと恐ろしいです。。。

一刻も早く法整備を望みます。そしてこんな酷い事件厳罰に処せるようにすべきです。

コメント