ジョジョの奇妙な冒険第3部-スタンド:暗青の月(ダークブルームーン)

シェアする

ジョジョの奇妙な冒険 第3部に登場し、水中戦でその本領を発揮するスタンド。本体はテニール船長の偽者

破壊力 C / スピード C / 射程距離 C / 持続力 B / 精密動作性 C / 成長性 D

陸上では全くいいところ無しだったが、いざ海の中に入ると終始スタープラチナを圧倒する力を見せた。

ダークブルームーンの攻撃方法

攻撃方法も豊富で以下のような攻撃を仕掛けることが出来る。

水かき

スクリューの回転より鋭く動く水中カッターで回転しているスクリューを破壊するほどのパワー。

フジツボ

フジツボを相手に付着させることが出来、フジツボは対象者のパワーを吸い取りどんどん繁殖していく。

巨大な渦

両腕を回転させ、水中に巨大な渦を作りだし、脱出不能の水の蟻地獄で相手を逃がさない。

           

ウロコ

ウロコを水中にばら撒き、渦に乗せてカッターのように相手を切り刻む。

偽テニール船長

スタンド本体名もが謎のままだった偽テニール船長

アニメ版のスタンド能力紹介で本名が出てくるか!

とおもいきや、やっぱり出てきたスタンド本体名は偽キャプテン・テニール。

偽キャプテンが本名ということにしておこう、そうしよう・・・。

しかしこの偽テニール船長、特に変装をしているわけでもなく、スピードワゴン財団の身元チェックをスルーし、10年以上船に乗っているベテランの目を欺いて船に乗っていたのか疑問が・・・。

そして肺活量は普通の人の3倍もあり、潜水の自己ベストは6分12秒という脅威の記録保持者。

船の甲板で煙草を吸っていた承太郎の煙草を消していたことから(消し方はどうあれ)海に対する愛は本物か!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする