やらなくちゃいけない!けどやる気が出ない・・・そんなあなたがやる気を出すために!

シェアする

やらなくちゃいけないことがある!

でもどうしてもやる気にならない

こんな気持ちになったことのある人は多いはず

むしろこうならない人はこの世の中にいないはず!w

と、いうわけで「やる気が出ないときにやる気を出すにはどうすればいいのか」の謎に今回は迫っていきたいと思います☆

やる気

やる気

物事を行おうとする気持ち

参考:実用日本語表現辞典

「やる気スイッチ」なんて言葉も最近よく耳にしますけど、なかなかこの「やる気スイッチ」を入れるのが難しいんですよね・・・。

○○○をしようとおもっても「めんどくさいなー」「明日から本気出す」なんて思って翌日になっても結局やらずじまいになっちゃうんですよね

(((( ;゚д゚)))

このブログにしてもそうですけど、記事を書こうと思ってもよく「めんどくさい」と思っちゃうこと・・・ありますw

ではやる気スイッチを入れるにはどうしたらいいのか!?

やる気スイッチ

人って「今やってる環境をなるだけ変えたくない」と無意識のうちに思っちゃってるのです。

例えば布団に入って寝転がってる時、いつもやらない新しいことをやろうとする時、など

「ダイエットのために運動しなくちゃ!」と思っててもやる気になれない・・・

そこで!

やる気を出すためにはまずやってみる!

「はい?」

ってなりますよね、ですよねー

でもこれ実はかなり効果があって

「○○○をしよう!」って思ったらまず最初に気持ちを奮い立たせてやりはじめようとすることが大事なんです!

「勉強しよう!」と思ったらまず最初だけ気持ちを奮い立たせて机に向かって座ってみる

すると「参考書を机の上に並べる」という行動まですんなりといきませんか?

「やる気を出すためにはまずやってみる」

このやる気の出しかた、日本の脳研究者:池谷裕二さんはこうおっしゃってます

「やる気」を生み出す脳の場所を側坐核と言いまして、脳のほぼ真ん中に左右ひとつずつある。

どうすれば活動をはじめるかというと、ある程度の刺激が来た時だけです。つまり、「刺激が与えられるとさらに活動してくれる」ということでして……やる気がない場合でもやりはじめるしかない

そのかわり、一度はじめると、やっているうちに側坐核が自己興奮してきて、集中力が高まって気分が乗ってくる

だから「やる気がないなぁと思っても、実際にやりはじめてみるしかない」のです。

版元:海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

やってないことのやる気が出ないのは当たり前

やる気はやり始めると自然と出てくるもの

やる気については、池谷先生と糸井先生の対談形式でとても読みやすく書かれてある本がありますので興味のある方は読んでみてはいかがでしょう?

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

最後に

今回はやる気をだしたいけれども、やる気がでない・・・

そこで、やる気を出すにはどうすればいいのか!ということでピックアップしてみました。

やってもないことのやる気が出ないのなんて当たり前です。

誰でも勉強にしても運動にしても普段してないことにやる気なんて出ないんです。

勉強してる人、運動してる人との違いはなんなのでしょう?

まず始めに重い腰を上げることができるのかどうか

上記の本でも紹介されてますけど、実際やり始めてみると集中力が高まって気分が乗ってくるものですw

やる気が出ない~って人は一度騙されたと思って『やり始めてみてはいかがでしょうか?』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする