ご飯を食べると背中が痛くなる【内臓の病気の可能性も】

健康

ご飯を食べると背中が痛くなる原因は何なのか?

食事をするとそのあと約1時間くらい背中のところが痛くなることがあり原因は何なのか調べてみると、実は背中の痛みは内臓の痛みからくるものがあるらしいということがわかりました。

原因はなんなの?

背中の痛みはもしかすると内臓の病気の可能性があります。

背中の痛みにも色々あるらしく、空腹時に痛いのか、食後に痛いのか。

また背中の右か左か、背中の痛みと一緒に他の部分も痛いのかどうか。

いずれにしろ背中の痛みというのは体の中の病気の可能性が高いですので早めに病院に行き検査を受けられることを推奨します。

十二指腸の病気

食後の背中の痛みに加えて、腹部にも違和感を感じているのなら、十二指腸潰瘍の可能性があります。

食後に背中の痛み、そしてお腹に張りが出てきてオナラをするとお腹に違和感が無くなったりするならば十二指腸の病気ということも。

十二指腸の病気にも様々なものがありますが、自覚症状がお腹に出てくるというものが多いので、背中の痛みに加えてお腹にも違和感がある、という場合には十二指腸の病気という可能性があると思います。

腎臓の病気

背中の痛みの中で腰の上辺りの痛みがある場合には、腎臓の病気である可能性があります。

腎臓には左右に一つずつあるので、どちらの腎臓の調子が悪いかによって痛みの場所が少し違ってくるかもしれませんが・・・。

腎臓は生命を維持する上で欠かすことのない大切な臓器ですので病気の場合、早期発見・早期治療が大事ですので早めに病院に行き、医療検査をしてもらいましょう。

すい臓の病気

背中の左側に痛みがある場合にはすい臓が病気である可能性があります。

すい臓の病気の中で多いのがすい炎で、アルコールの摂りすぎによりすい臓に負担をかけ炎症を起こします。

腹痛があり、その後背中の痛みがでた場合にこのすい炎である可能性があるかもしれません。

胆嚢(たんのう)の病気

背中の右側に痛みを感じる場合に、胆嚢の病気である可能性があります。広い範囲の痛みではなく、限定的な一点での痛みです。

他に風邪のような症状が出たり、お腹に張りが出てきたと思ったら胆嚢の病気かもしれません。

食道の病気

背中の痛みで食道?と思うかもしれませんが背骨の辺りに痛みに加え、胸焼け、げっぷがたくさん出て嘔吐感などがある場合には食道の病気の可能性があります。

まとめ

背中に痛みがある場合には内臓になにかしらの病気があるかもしれないというサインと言われています。

どの病気でもそうですが、早期発見・早期治療が鍵となりますので背中の痛み、または体に異常を感じる場合には早めに専門の医療機関にいき、検査をしてもらいましょう。

コメント