ぽかぽかしてきたお昼は眠たくなります

健康

外もだいぶ寒さが和らいできましたねー

ぽかぽかいい天気でさらにお昼ご飯を食べた後なんかだとあれをしたくなってきますよね。

そう、あれです

昼寝!

でも休日とかに昼寝をするのは全然いいんですけど、一度昼寝をしちゃうと翌日もまた同じくらいの時間になったら眠たくなってきちゃうんですよね(汗)

あと休日についつい寝すぎちゃうと、今度は夜に眠れなくなったり・・・

 

デメリットが多いように感じる昼寝

でも調べてみたら実はいいこともたくさんあるみたいです!

スポンサーリンク

昼寝って実はすごい!

昼食後に仮眠をとると脳が活性化されて、仕事の効率が上がったり、ミスが少なくなったり、リラックスすることによってストレスが解消されたり

他にも生活習慣病にも効果が期待できたり

昼寝ってすごい!

 

どれくらい寝るのがいいの?

脳を活性化させるのにどれくらい昼寝をとればいいのかというと

それほど長い睡眠で無くても短い睡眠時間で良いとされています。

その時間は10分~

 

10分の睡眠って逆に難しい・・・

でも確かに学生時代に授業中寝てしまって目が覚めたときはすごくスッキリしてたような気が・・・

遠い昔の記憶なんでうろ覚えですけど。

 

逆に長い時間昼寝をしてしまうと今度は体のためによくないみたいです。

たしかに長い時間昼寝をしちゃった時って、目覚めが悪くなるときがあるんですよね。

これはレム睡眠ノンレム睡眠が関係してくるので

長くても昼寝はできるだけ20分前後に抑えておきたいところです。

 

職場でお昼休みに昼寝していると、休み時間が終わったときに同僚の人とかが起こしてくれると思うんで大丈夫でしょうけど

休みの日に家で1人で昼寝してしまったら、10分とか20分とかで都合よく目を覚ます、なんてほとんどできませんよね。

 

そこで役に立つのはやっぱり、目覚まし時計なんですよねー

短い睡眠時間の時って眠りが浅い状態のはずですので、大きな音が鳴れば「ぱっ」と目覚めもよく起きることができるはずです。

今だとスマートフォンのアプリなんかでも「目覚ましアプリ」なるものがたくさんありますのでそれを使ってもいいですね。

 

スマホ1台で色々できてしまうとか便利な世の中ですね・・・

 

目が覚めたら

目が覚めたらですけど、日の光に当たるように!

日に当たって気分も体もリフレッシュしましょう。

太陽光を浴びることで、体内時計のずれをリセットしてくれるので、ぜひ浴びましょう!照明の光じゃなくて太陽の光です!

これは昼寝に限ったことじゃないんですけど朝起きた時も太陽の光を浴びるようにしましょうね。

 

昼寝で爆睡しないように

お昼寝って目覚まし設定も忘れてしちゃうと、1時間オーバーになっちゃうことが多いですよね。

そうすると夜に今度は寝付けなくなって、また翌日お昼に眠たくなるという負のサイクル

ですので、お昼に寝すぎないように気をつけているわたしのコツ?みたいなものを少し御紹介!

 

横にならずに座ったまんま寝る!

横になると爆睡の確立があがっちゃうんで、横にならないようにします。

お昼寝って脳のリフレッシュが目的なんで、ほんとにちょこっとの睡眠でも大丈夫なんで椅子に座ったまんま目を瞑って寝るようにします。

 

電車の中で、よく眠っている人がいますよね。あんな感じで良いと思います。

 

もしくは立ったまんま寝る!

立ったまんま寝る!私が短時間睡眠するときはこれが多いです。

壁を背もたれにしてそのまま「スヤァ」です。

ただこれだと10分も眠れません。

よくて5分くらいです。

時間が無いけどちょこっと眠っときたいってときにおすすめです。

 

目覚まし時計

上でちょこっと紹介した目覚まし時計です。

スマホの目覚ましアプリを使って、耳にイヤホンをつけてれば家の中だけじゃなくて、外でも使えるので便利ですよね。

うーん、便利な世の中です・・・

 

最後に

昼食後の仕事でどうしても眠くなってしまう・・・

って方は多いと思います。

そこでお昼に1度脳をリセットじゃないですけど

リフレッシュする目的で「お昼寝」

一度お試しでやってみてはいかがでしょうか。

 

短時間の昼寝を行うことで、仕事の効率アップ、車を運転する方なんかは事故の予防、更には健康のためにとメリットはいっぱいです。

 

ただ昼寝もしすぎると体には良くないので長時間のお昼寝には気をつけましょうね!

コメント