視界の上の方に黒い丸みたいなのが見える・・・片目だけ・・・これは一体何?

健康

 

気付いたらいつのまにか左目の上のほうに丸くて黒っぽいようであり残像のようでもある(説明が難しい・・・)ものが見えるようになってました。

※原因は中心性蔣液性脈絡網膜症ということでした。

詳細は追記にて記入

目の病気?

最初に気付いたのは車を運転していて、対向車線の車がハイビーム、ライトを上げてきたときです。

いつまでも光の残像が残ってると思いつつも、その日はそのまま家に帰って就寝。

そして翌日、視界の中に違和感が。。。

左側の物を見てるときに太陽などの強い光を見たときに残る黒い丸のような残像みたいなものがついてくるわけです。

こんな感じで左目だけ空けてる時に灰色で塗りつぶしてる部分あたりが黒っぽいようでもあり残像のようでもあるものが見えます。

色々調べてみたら「飛蚊症」、「緑内障」、「網膜裂孔」など早々たるメンツの病気が出てきました。

なんかすごく怖いので緑内障かどうか確かめるためにセルフチェックしてみると、どうも違うみたい。。。

飛蚊症のセルフチェックもしてみたけど、眼球を動かしても同じ場所にだけこの残像が移動してくるのでこれもちょっと違うような。

 

黒っぽく見える部分は完全にみえないわけでは無いんで、目の一部分だけ色盲になったのかな・・・とも考えてみたり。

でもあれこれ考えてみたり悩んでも仕方がないので病院に行ってみるのがいいですね。重大な病気だった場合、失明でもしたりしたら後々すごい後悔することになるでしょうし。

黒い丸の残像が見えるようになってから今日で2日、近くに眼科のある大きな病院がないので今度の休みの日にでも行ってきてみたいと思います。

 

※ 追記 11/07 病名が判明!※

休日になったので、病院に行ってきました。

眼科に行くのなんて初めて?というくらい行ったことがなかったのでかなりの緊張です。

平日だから空いてるかな・・・と思ってたのが大きな間違いでした

受付を済ませてから診察室に呼ばれるまでに約1時間。。。病院の待ち時間を舐めてました。。。

かといって、いつみてもガラガラで誰もいないような診療所もありましたけど、そういうところにはちょっといきたくないし。。。

 

診察室に呼ばれるとまず症状の説明

「左目の上、ここらへんの部分に黒いような残像のような円が見えまして。。。」

「それでは、まず○※△×※(何かの専門用語)を。」

 

そして看護婦さんに連れられて

「それでは瞳孔を開く目薬を差しますねー」

 

目薬を差してから瞳孔が開くまでに約1時間(個人差があるらしい)かかるらしく、そこから更に約1時間待つことに。

40~50分経過してもう一度診察室に呼ばれるも

「まだ開いてないね」

そしてまた待機。。。

すると看護婦さんが「今度はちょっと強めの目薬にしますねー」

(´-`).。oO(最初からそれ使ってよw)

時は流れまた診察室に。

 

ようやく瞳孔が開いたので光を当てたり写真を撮ったりと色々な検査をして

「これは恐らくストレスだね、中心性蔣液性脈絡網膜症、それが原因でここ(眼球の写真を見せられながら)の部分に水が溜まっちゃってる

と言われました。

30代~60代くらいまでの年代の人に多く見られる病気のようです。

ストレスのほかにも、パソコンやスマホを長時間使用していると眼球の周りが凝り固まってしまうのも原因の一つにあるかもしれません。

処方箋として目薬を2種類出してもらいました。

中心性蔣液性脈絡網膜症

中心性蔣液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)

先生が「恐らく」と言われたのは、まだこの病気の原因が完全に解明されているからではないからみたいです。

しかしストレスが原因でほぼ間違いないだろう、とのこと。

20代後半~50代くらいの働き盛りの男性に多い病気で、眼球に水が溜まることで視界にも黒い円状のものが見えるようになります。

↓病院で見せてもらった写真はこんな感じでした。

時間の経過・ストレスの原因を除去することがこの病気の一番の解決とのことですが、すぐに治したければレーザーを使っての手術も可能みたいです。

しかし、眼球にレーザーを当てるのはもちろんそれなりにリスクもあるらしく、最悪の場合失明することもありえるとか。

失明するのはこの水が溜まっている場所に関係するらしいのですけど、自然治癒出来る物をわざわざ高いリスクを冒してまで実行しようとは思わなかったのでレーザーはお断りさせてもらいました。

自然治癒を待つ場合、後遺症は残らないの?

大半は後遺症は残らずに数ヶ月もすればすっかり治ってしまうようです。

約99%以上の人は始めは黒っぽい状態から段々と薄くなっていき良くなるらしいのですが、極々稀にうっすらとぼやけた状態のままの人もいたとか。

今回診察してくれた病院の先生は

「約40年患者さんを診てきて、この病気で後遺症が残った人は一人だけいた」と言われました。

ということはほとんど後遺症については気にしなくても良さそうですね。

症状改善をセルフチェック

ストレスを取り除けばそれだけ自然治癒も早まる中心性蔣液性脈絡網膜症。

経過改善は自分でセルフチェックすることが簡単にできます。

まず中心性蔣液性脈絡網膜症になっているほうの目だけを開けて空を見る。

これだけで、簡単にセルフチャックできちゃうとのこと。

自然治癒をする場合1週間や2週間では中々改善しないだろうと言われましたので、たまに空を見上げて症状の経過を確認してみたいところです。

 

※更に追記 2017/12/12

目に黒い丸が見えるようになって病院に行ってから

約1ヶ月が経ちました。

まだ治っていません!

ですが、だいぶ状態は改善しました。

ピーク時は色もよく分からないようなことがありましたけど、今は黒い丸の色もだいぶ薄まってきていて「色がよくわからない」ってことはありません。

あと完治するまであと一歩ってところだと思います。

 

※更に追記 2018/1/12

黒くて丸いのが視界に見えるようになって約2か月半

まさかこのまま薄っすらと黒いものが残ったままなんじゃ・・・

と思ってたら

なんと完全に治ったみたいです(^^)

1度病院にいってから目薬を出してもらいましたけど

ほとんど使わないまんまでした。

処方されたのが防腐剤入りの目薬だったってのが使わなかった大きな理由です。

目にやさしい目薬の選び方

人によって完治するまでの期間がバラバラみたいですけど、原因と言われている『ストレス』に気をつけて生活していれば自然と大体の人は完治するようです。

僕の場合は完治するまでにかかった時間は約2か月半でした!

最後に

中心性蔣液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)まずこの病気にならないと聞くことはないだろう言葉です。

処方箋として目薬を2種類処方してもらいましたけど、やはり一番の改善方法はストレスを発散させること

ストレスを溜めないように・・・とか言われても生きてるだけで勝手にストレスガンガン溜まってきちゃうんでどうしようもないですもんね。。。

ということは溜めた分はどうにかしてストレス発散させないと。

今回は目でしたけど他の体の色んな部分にも影響を与えちゃうんで皆さんもストレスには気をつけましょう。

コメント