【BF1】オペレーションはなぜ過疎ったのか?原因はやっぱりロード時間の長さ?

BF1の目玉コンテンツといってもよかったオペレーション。

オペレーションってみんなでワラワラ同じ目標に向かって行くので妙な共闘感みたいなのがあって結構好きだったんですけど、今やゴールデンタイムに辛うじてマッチングするかどうか・・・っていう悲しい現状にヽ(´Д`;)ノ

ゲームモードは悪くないと思うオペレーション。なぜこうも過疎ってしまったのか?

オペレーションって?

最大64人で攻撃側チームと防衛側チームに分かれて戦い、攻撃側は敵の陣地を確保しながら侵攻。防衛側は攻めてくる攻撃チームから陣地を守らなければいけないゲームモード。実装当初は防衛側が圧倒的に有利だったけれども度重なるパッチにより攻撃側も勝利をおさめる率が高くなった。戦車、航空機、巨大兵器と何でも楽しめるゲームモード。

過疎った原因

こんな楽しそうなオペレーションがなぜ過疎ってしまったのか・・・勝手に考察!

1.オープニングの無駄な語りの長さ

オペレーションを選択するとロード時間中?に流れ出すあの無駄な一兵卒の語りの長さ・・・。スキップをしようにもなんとスキップ不可!攻撃側と防衛側で2種類のセリフがあるけど正直そんなのどうでもいい!

「この作戦を生き残れるのはせいぜい25人いて1人だろう」・・・?

いやいや、試合がそもそも始まんないから誰も死なない平和な世界やがな

2.サーバー検索不可

アップデートで「オペレーションのいずれかに参加する」みたいなのが増えたけれどもなんていうか・・・うん。

それならいっそ他のゲームモードと同じように公式サーバーでローテーション組んで回して欲しい。そしたらサーバー検索からアンテナ3本のところとかにも入っていけるのにな

3.一方的な試合になりがち

ガンガン攻撃側が侵攻していくかほとんど誰も侵攻しなくなってしまうかの一方的な試合が多いオペレーション。ちょっと実力に差があると諦める人が多いんでしょうかね

1拠点侵攻されるとそのまま雪崩れ式に最終防衛ラインまで行くことも多いような。。。

逆に最初の侵攻で出鼻を挫かれるとそのままだらだらチケット数を減らしていくことが多い気がします

20vs20の40人対決が邪魔

マップもDLCを含めると6つの中から選択可能。しかしこれに加えて40人モードと64人モードの2種類という謎っぷり!ということは全部で12の中からマップを選ぶということに。

今後に向けてどっちの人数の方がいいか的な実験も兼ねてるんでしょうか。

新目玉のゲームモードフロントラインの登場

DLCのThey Shall Not Passで実装されたフロントラインの登場。

ゲームモードが似てるわけではないんだけど、新ゲームモードの追加ということで人の更なる分散に!?航空機も飛んでないのでその分ストレスの軽減に。戦車はいるけど歩兵スキーな人には面白いモードだと思う。パッチで試合時間に制限がかかったけれどもそれでも長いのがやや難点。

最後に

オペレーションのワラワラ感結構好きなんでもっと人が集まるようになるといいなー。ゴールデンタイムくらいでしか人がいっぱいにならないんで深夜帯とかにももう少し人が集まるようになると・・・。

コメント

  1. 名無し より:

    長いロードが終わりやっとゲーム開始したと思ったら自分一人しかいないという…全世界でやろうと思っている人間は俺だけなのか?悲しいな