今日からはじめる仮想通貨入門【取引所選び】

ビジネス

テレビやメディアでも取り上げられてきた仮想通貨

「ビットコイン」という言葉は耳にしたことはある人も多いのではないでしょうか。

ビットコインとはインターネット上で使うことができる仮想通貨のことで世界中で使うことができます。

どうやって価値が決まってるのかというと

世界中で欲しい人がいればいるだけ価値が高くなる、逆もまた然り・・・

円、ドル、ユーロなどの世界の紙幣は国が保障しているものですので、その国がなくなってしまわない限りある一定の価値があります

 

が、ビットコインなど仮想通貨は世界中でどれだけ欲しい人がいるのか、完全に需要と供給だけでその価値が決まってしまいます。

 

2017/12/30現在のビットコインのチャートです

ここ1年で価値が最大約22倍まで膨れ上がりました。

2017/12/30では

BTC/JPY 1,639,557

ということで少し下がり始めてきましたね。

今から始めるのは遅い?

誰が見ても異常なあがり方をしてるビットコイン

こういうマネーゲームは後発組ほど損をするものですけど、まだまだ参入の余地は多いにあると思います。

 

インターネットが普及して今や生活に

「ネット環境がない生活なんて考えられない!」

となっているこの世の中で世界中のどの国でも使用することのできるお金がこれ以上伸びないってことはないと思うんですよね。

世界中でビットコインの認知度が高まっていけばまだまだ可能性は大きいはず!

仮想通貨取引所

のるしかない!このビッグウェーブに!

というわけでビットコインを購入するために、まず仮想通貨取引所に新規登録を行います。

※ビットコインでの取引はほぼギャンブルみたいなものですので自己責任で※

 

取引所も色々ありますけど2017年12月現在で1番アプリ利用者数が多いという

Coincheck

ここにしとけばほぼ間違いないはず

複数の取引所を使ってる方もいらっしゃいますけど、初心者のうちからいくつも取引所使ってもしょうがないかなってぼくは思ってます

コインチェックは会員登録だけならFacebookを使うか、メールアドレスとパスワードを記入するだけであとは指示に従うだけなのですぐ済みます。

 

問題はその次の本人確認

自分の名前や住所、電話番号を記入するのはもちろん

本人確認書類に使用可能な書類と一緒に自分の顔が見えるように写った写真を送る必要があります。

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード

保険証は不可ですので、大多数の人は運転免許証になるんではないでしょうか。

運転免許証の写真にする場合、3枚の写真を撮ることになります。

 

1枚がセルフィー

出典:coincheck.com

 

2枚目が免許証の表面

出典:coincheck.com

 

3枚目が免許証の裏面

出典:coincheck.com

 

必要事項を記入し、これらの写真の情報を送信すれば完了です。

あとは1~2日すれば本人確認の書類が届くのでそれを待ちます。

最後に

情報を送信して本人確認の書類が届くまでの間にも仮想通貨の相場は刻一刻と変化してますので早くやりたいですよね

でも「果報は寝て待て」ともいうのであせらずに時機を待ちましょう!

コメント