牡蠣の「生食用」と「加熱用」の違いって何?

むき身になってパックに入ってる「生食用」と「加熱用」

「生食用」なら生で食べても大丈夫でしょ?

って思う人が多いのでは?

実は違うんです!

そこで「生食用」と「加熱用」の違いについて調べていきます

牡蠣

食中毒になって痛い目にあった・・・

けど

「牡蠣はまた食べたい!」

って思っちゃいますよね

だって牡蠣美味しいんだもんね・・・

「生」のぷりぷり感は最高なんだけど怖いのは食中毒

いかに「生食用」だからといっても「生」で食べてたら食中毒になることはあります

では「生食用」と「加熱用」の違いとは一体なんなのでしょうか?

生食用と加熱用の違い

「生食用」と「加熱用」の違いは

牡蠣の獲れた場所の違いです

指定された菌が少ない海域で獲れたものが「生食用」

それ以外が「加熱用」

加熱用

陸地から近い場所で育った牡蠣は

排水が流れ込んできて食中毒の菌やノロウィルスを保持している確率が高いのです

しかし、栄養分が多い海域で養殖されているので丸々太った栄養成分が豊富な大きな牡蠣になります

生食用

生食用は県が定めた菌の少ない指定海域で獲れたものになります

菌が少ない海域ってだけなのでもちろん菌を保持しています

生食用は獲れた後に殺菌処理した無菌の海水に漬けて牡蠣の中のウイルスが体の外に出るよう減菌処理されます

しかし数日無菌の海水にいれていてもウイルスを完全に0にすることはできないようです

最後に

「生食用」「加熱用」その違いは鮮度では無く、菌を保持している可能性が高いかどうか

しかしいくら「生食用」だからといっても、全ての牡蠣が安全だとは限りません

たまたまウイルスを保持していた牡蠣を食してしまった時には想像を絶する苦しみを味わうことに

「生」は確かに美味しいですが食中毒になるかもしれないリスクを冒してまで食べようかと思うと・・・

熱処理してしまえば菌も死ぬので安全です。

「生牡蠣」を食べる時は自己責任で

コメント